新型コロナウイルス感染防止対策ガイドライン

本ガイドラインについて

本ガイドラインは、一般社団法人日本展示会協会作成「展示会業界におけるCOVID-19 感染拡大予防ガイドライン」及び、大阪観光局作成「感染症拡大リスクを抑え、MICE を開催するための主催者向けガイドライン」を踏まえ、弊社が展示会開催期間中の感染リスクを低減させるために設けたガイドラインとなります。

展示会開催に向け万全な対策を講じるために、1【. 主催者にて行う感染防止対策】2【. 出展者に依頼する感染防止対策】3【. 来場者に依頼する感染防止対策】を明記しております。必ずご確認いただき、感染防止対策に ご協力いただきますようお願いいたします。

本ガイドラインは2022年7月19日時点のガイドラインとなります。今後の状況に応じて改訂する場合がございますのでご留意ください。

基本的方針

感染リスクを高める3密①換気の悪い密閉空間②多数が集まる密集場所③間近で会話が発生する密接を回避するための、会場構成と現場運営を計画し、参加者(出展者・来場者・関係者・協力会社)へ具体的対策の周知・徹底を図る。

基本的生活様式徹底のお願い

感染防止のため、下記基本的生活様式を開催期間中含め日常的に行っていただくようご協力お願いいたします。

  • こまめに手洗い・手指消毒
  • マスク(※不織布推奨)を正しく着用すること・咳エチケットの徹底
  • 3密の回避
  • ソーシャルディスタンス(最低1m、できれば2m)の確保
  • 毎朝の検温および健康チェック

37.5℃以上の発熱および体調不良を感じた場合は、外出はせず自宅で静養してください。

来場当日に下記に該当する方は、見本市会場への入場をお断りいたします。

  • マスク(※不織布推奨)を正しく着用していない場合

    マスクの正しい着用とは、鼻と口をマスクにて隙間が出来ないようしっかり覆うことを指します。

  • 会場入口にて消毒液による手指消毒をしない場合
  • 会場入口での検温にご協力いただけない場合
  • 会場入口での検温で37.5度以上の発熱がある場合
  • 事前登録または会場受付にて個人情報を含む登録を拒否される場合
  • 咳・咽頭痛・息苦しさなどの症状がある場合
  • 過去に新型コロナウイルスに感染し、政府が定める療養期間を経ていない場合
  • 政府が定める待機対象となっている指定国・地域からの帰国者・入国者で宿泊施設または自宅待機等期間中の場合、並びに当該在住者との濃厚接触がある場合
  • その他体調がすぐれない場合(味覚・臭覚異常、疲労感や倦怠感を強く感じるなど)

新型コロナウイルス感染防止対策
ガイドライン全文はこちら

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)インストールご協力のお願い
アプリのインストールや詳しい情報は厚生労働省のホームページにてご確認ください。
来場日の大阪コロナ追跡システムご登録のお願い
システムの詳しい情報は大阪府のホームページにてご確認ください。